PROFILE​

​山本達久 / Tatsuhisa Yamamoto

Tatsuhisa Yamamoto is a drummer from Yamaguchi, Japan well known throughout the country for his  work with a surprisingly wide range of musicians and theatre groups. 

He performed on the recently acclaimed Drag City records “The Dreams My Bones Dream” by Eiko Ishibashi, “Simple Songs” by Jim O’Rourke, as well as Japanese singers Phew, Ua, and kahimi Karie. His wide interests have led him to be drummer of choice for Free Jazz legend Akira Sakata, composer/performer in many restagings of Terayama Shuji’s works, film score for NHK, as well as performing with artists as wide ranging as Keiji haino, Oren Ambarchi, Giovanni Di Domenico amongst others. He has toured extensively throughout Europe as well, in improvised music settings as well as the theatre group Swanny.

 

1982年10月25日山口県防府市生まれの日本を拠点に活動するドラマー。

基本的にはフリーランスのドラマーであり、ドラマーの枠を飛び超えたソロプロジェクトをはじめ、ライブ、レコーディング、演劇の劇伴など、2008年頃より多忙を極める。

2011年3月には、ロンドンの先鋭的なクラブであるcafe oto招聘による、Barbican Centre London内に設置された美術家Laurie Anderson主宰のギャラリー内でソロパフォーマンスを行う。

同年9月にはオランダ、アムステルダムの電子音楽研究機関であるSTEIM主催の”PATERNS+PLEASURE FESTIVAL”に渡邊琢磨、中原昌也と共に日本から招聘されパフォーマンスを行うなど、海外公演、TOUR、録音物も多数。

近年では2014年のLondon Jazz Festival、2017年、2018年の東京Jazz Festivalにもドラマーとして参加。

2019年秋には、石橋英子のプロジェクトメンバーとしてJoe Taliaと共に約1ヶ月間のEU tourを敢行し、ケルンのWeekend Festival、ユトレヒトでのFestival Les Guess Who?、コルトレイクでのSonic City Festivalなど各地で演奏に参加。

 

国内の活動では、みじんこ研究家であり、サックス奏者の坂田明のバンドメンバーとして毎年日本全国をTOUR、また、坂田明による平家物語プロジェクトでは、NHKの撮影チームの協力のもと製作されたDVD作品にも参加。2016年夏には渋谷の伝承ホールにて再演にも参加。

2010年、大友良英氏が音楽を手がけたNHK制作ドラマの劇伴「その街のこども」の録音に参加。

2019年、大友良英氏が音楽を手がけたNHK大河ドラマ「いだてん」の劇伴録音にも参加。

同じくNHKの番組”ムジカピッコリーノ”、小林武文作曲”ポリリズム”の回の収録、放送に参加。

他にも様々な形態で国内のジャズ、現代音楽、エクスペリメンタル、ロックなどの屋内外フェスティバルに毎年多数参加。

 

近年では演劇の生伴奏、音楽担当など、音楽家と役者の垣根を超えたような仕事も多数。

小説家でもある千木良悠子主宰の劇団SWANNYでは、音楽担当の石橋英子率いる数々の生伴奏、録音で劇伴に参加。代表的な作品として、ドイツの伝説的な劇作家”ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー”の戯曲「ゴミ、都市、そして死」の日本初演(紀伊国屋ホール、世田谷パブリックシアターにて上演)に関わる。

藤田貴大率いる劇団、マームとジプシーでは、

2014年10月に東京芸術劇場プレイハウスにて野田秀樹の戯曲「小指の思い出」の音楽、劇伴奏を青葉市子、Kan Sanoと共に担当。

2015年4月には川崎芸術劇場KAATにて行われたマームとジプシー原作作品「ヒダリメノヒダ」に役者、音楽担当兼任で参加。

同年12月、東京芸術劇場シアターイーストにて劇作家”寺山修二”原作の戯曲「書を捨てよ、町へ出よう」の音楽、生伴奏、役者を一人で担当。

2016年5月、新宿LUMINE 0 opening event 2として上演された「あっこのはなし」の音楽をUNAGICICAとして提供。

同年7月、さいたま芸術劇場彩の国にて「クラゲノココロ モモノパノラマ ヒダリメノヒダ」の上演に音楽、生伴奏、役者として参加。

同年12月、東京芸術劇場プレイハウスにて藤田演出によるウィリアム・シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の劇伴奏を石橋英子、須藤俊明と共に担当。

2017年には当劇団の10周年ツアーに帯同し、札幌、豊橋、さいたま彩の国などで公演を行う。

2018年には、寺山修二「書を捨てよ、町へ出よう」の再演に参加し、池袋東京芸術劇場公演、フランスパリ公演を行う。

 

また、歌手やシンガーソングライターの伴奏にも定評があり、石橋英子、ジム・オルーク、青葉市子、UA、カヒミカリィ、phew、七尾旅人、木村カエラ、前野健太、山本精一、湯川潮音、石原洋などの録音、ライブサポートなどメジャーからインディ、国内外問わず、幅広く活動。

 

他にも、カフカ鼾、NATSUMEN、オハナミ、プラマイゼロ、禁断の翼棟、marron trio、Isolation Music Trio、Sweet Herringbone、真夜中ミュージック、などのバンド/グループでの活動も多数。

主な参加作品は、

(リンクをクリックすると試聴ページやレーベルのサイトに繋がります)

Jim O'Rourke - Simple Songs

石橋英子 - The Dream My Bones Dream, Car And Freezer, Imitation Of Life, Carapace

カフカ鼾 - okite, nemutte

七尾旅人 - Stray Dogs, リトルメロディ

青葉市子 + 三宅純 + 山本達久 + 渡辺等 - プネウマ

長谷川健一 - 震える牙、震える水, 423

前野健太 - ハッピーランチ, 俺らは肉の歩く朝

Phew - Five Finger Discount

カヒミカリィ - It's here

UA - Japo

坂田明と梵人譚 - Bonjintan, Dental Kafka

marron trio - take it pack it

石原洋 - formula

 

など

 

その活動は多岐に渡る...

写真 : タイコウクニヨシ / Photo by Taikou Kuniyoshi

  • Twitter